多くの高層ビル

保険の見直し

打ち合わせをする

保険の見直し保険の見直しとテレビCMなどでも聞いたりしますが、実際のところ保険相談は必要なのでしょうか、保険相談するといってもいつ相談していいのかもあります。どのタイミングで行ったらいいのかは基準としてライフスタイルの変化に合わせてです。子どもが産まれて家族が増えた、住宅を購入する、転職などによって収入が変化した、子どもの学年に合わせてなどが基準としてあります。保険を見なすといっても具体的にどんなことをするかというと、保証内容が同じなら保険料の安い保険に切り替える、保障される金額を増額したり減額させる、不要な特約は解約する、などの方法があります。保険は加入したときからずっと同じということではなくライフスタイルに合わせて変えていきます。

保険の見直しするために保険相談をしたからといって人生がすべて解決するわけではないのです。保険相談時に保険の見直しをするだけでなく、トータルで見てくれるファイナンシャルプランナーを選ぶことです。保険の見直しのときに保障額を増額したり減額することができますが、たとえば何かあった時に自分の保有している金融資産で賄えるのであれば別に保険に加入する必要はなく無駄な保険料を支払っている必要はないのです。また、国や勤めている企業の制度で、保障が受けられることもあります。企業によっては、入院することになったらお見舞い金が支払われたり入院中でも固定給の何割かは給料として支払われるといった制度もあります。そういった企業の制度があるのにわざわざ収入保証の保険い入っていることはナンセンスなのです。